ネットワークと女性との関係性

女性のネットワークエンジニアへの期待感は日に日に増してきています。従来の考え方のエンジニアといえば、男性の仕事という見方が大半を占めていました。インターネットといえば男性の方が長けているという先入観による見解があったといえるでしょう。しかしながら、時代が進むにつれ、男女平等という考え方がネット社会にも完全に浸透してきました。女性プログラマーなどIT関連での活躍も大きくクローズアップされるようになってきたのも事実です。
昨今においてはありとあらゆる業界において、男女間の差をなくしていこうという取り組みに熱い視線が注がれ始めています。国家レベルでの取り組みも始まっているようです。女性が光り輝く社会や、ワークライフバランスといった言葉が大きく取り上げられるようになってきました。むろん、ネットワークを取り巻く環境にも同様のことがいわれています。これらのことを実現するための動きも既に始まっているのです。ワークライフバランスとは、従前のような朝早くから夜遅くまで会社にいるということを暗に否定するものであり、男性も早く仕事を切り上げて帰宅すると同時に家事や介護を積極的に手伝うことを促しているのです。さらにいえば、待機児童ゼロや介護離職ゼロというのも、これに付随する動きといえます。このことから、ネットワークエンジニアを取り巻く環境にも次第に実力主義が定着するとともに、働き安さにもスポットライトが浴びせられているのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です